-住まいのあままつ- 株式会社雨松工務店 すべては、お客様の「笑顔」のために…

淡路島の不動産(土地、中古物件、別荘、賃貸、不動産情報、田舎暮らし物件、ログハウス)、
建築(設計、施工、別荘、ログハウス、ゼロキューブ)、リフォーム(オール電化、太陽光パネル、淡路市、洲本市、
南あわじ市の介護保険、別荘メンテナンス)、田舎暮らしのお手伝い等、お任せ下さい。

建築実例集

当社が施工した住宅の施工例をご紹介します。
  • stitle_design.gif
  • 日本でも活躍中の欧州並びに日本の建築家による設計の住宅です。
斜面地に建つ海辺の別荘
  • 洲本市五色町のとある地域に建つこの別荘は、海辺の斜面地という敷地形状を、「いかに有効的に利用した建築を実現させるか」がコンセプトになっています。外観は大屋根形状で白い外壁に、南欧風の外構が特徴的になっています。
  • 詳しくはこちら
淡路島F邸Project
  • 淡路市内のとある地域に建つこの住まいは、設計をスタジオドディチ様、施工を株式会社雨松工務店が担当し、完成にいたりました。
  • 詳しくはこちら
瀬戸内を望むオーシャンブルーの家
  • 南あわじ市のとある地域に造られたこの家は、設計をスタジオドディチ様、施工を株式会社雨松工務店が担当し、完成しました。
    この家の外観は、なんといってもオーシャンブルーに仕上げられた外壁と、斜面地を生かす鉄筋コンクリートでもち出されたプールやデッキ部分が特徴的です。
  • 詳しくはこちら
明石海峡大橋を望む大屋根の家
  • 淡路市のとある地域の高台に建つこの住まいの特徴は、海の眺望を最大限に活用すること、そして斜面地を有効活用するためにリビングの延長にウッドデッキを突き出すことです。
    外観はシンプルな大屋根の切妻屋根になっており、内部ではこの屋根を利用し、勾配天井を造ることで空間にメリハリをつけています。
  • 詳しくはこちら
Villacollefresco
  • 南あわじ市内のとある地域に建つこの住まいを設計したのは、建築実例集内にあるイタリア人建築家とのコラボレートや、斜面に浮かんだ神秘のプールを設計したスタジオドディチ様です。
    今回もコラボレート作品として当社が施工を担当させていただきました。今回もやはり、塗り壁で仕上げられた外壁やロートアイアンを使用した外構が、独特のデザインに仕上がっています。
  • 詳しくはこちら
平屋に広がる白い空間
  • 淡路市のとある地域に建つこの住まいは、設計を株式会社雨松工務店一級建築士事務所が、施工を株式会社雨松工務店が行いました。
    白い外壁と緑の屋根材でまとめた外観から玄関を入ると真正面から海が望め、廊下を挟み、リビングスペースと和室スペースとに分かれています。
  • 詳しくはこちら
中庭のあるモダンな住宅
  • 淡路市内に建てられた住まいはef設計が設計し、施工を雨松工務店が手がけ完成しました。
    この住まいの最大の特徴は、コの字になったプランの形状で、防風対策と解放感が両立されていることです。
    外壁には杉板や塗り壁、ガルバリウム鋼板、サイディングと多種の部材を使用しながらもシンプルな外観になっています。
     
  • 詳しくはこちら
海に向けて開かれた開口部
  • 林泰介建築研究所様が設計したこの建物を当社が建築させていただくことなったのは、ウィークエンドホームズ社様を介して、お客様や建築家様との出会いがあったことがきっかけでした。
    この建物の最大の特徴は海に向けて開かれた開口部で、全ての居室から海が望める造りとなっています。
    外観は箱を組み合わせたようなシンプルなデザインに、ガルバリウム鋼板や杉板がアクセントを加えています。
  • 詳しくはこちら
斜面に浮かんだ神秘のプール
  • イタリア人建築家とのコラボレートでご紹介させていただいている南あわじ市に建つ住まいですが、テラスの延長線上に斜面地を利用したプールが造られました。
    斜面地に鉄骨の杭を打ち込み、その上に鉄筋コンクリート造のスラブを乗せ、表面は左官職人の手によって仕上げられています。
  • 詳しくはこちら
和モダンの外観と多彩な空間
  • 洲本市のとある地域に建つこの住まいのコンセプトは、外観を和モダンにすること、2階にリビングスペースを配置し、多彩な空間を造ることでした。
  • 詳しくはこちら
最小限の間仕切り住宅
  • 淡路島の中部、洲本市内に建つこの住まいのコンセプトは、15坪の建坪の空間を最大限に利用することでした。間仕切りを最小限にすることで、限られた建坪ながらもフレキシブルで、開放感のある空間に仕上がりました。
  • 詳しくはこちら
コートハウスが演出するモダンな空間
  • 洲本市上物部に建つこの平屋建ての住まいのコンセプトは、全体をモダンな空間で構成させること、そして中庭を第2のリビング・ダイニングに活用し、建物と塀で囲まれたコートハウスにすることでした。
    平屋建てにしたのにはお客様のこだわりがあり、敷地を最大限に有効利用し、将来に備えたバリアフリーな平面計画ということで、本案が練り上げられました。
  • 詳しくはこちら
イタリア人建築家とのコラボレート
  • 南あわじ市内に建つこの住まいを建築することになったのは、当社のホームページを見たというイタリア人建築家との出会いがきっかけでした。
    建築家の名前はヤコポ・トリーニ氏。神戸の北野でドディチ・ドディチという設計事務所の代表をつとめられています。
    幾度となく繰り返された打ち合わせの中から、トリーニ氏による地中海を連想させるデザインと、あままつの建築技術が融合した素敵な住まいが完成しました。
  • 詳しくはこちら
シンプルモダンと勾配天井の開放感
  • 淡路島の中部、洲本市内に建つこの住まいのコンセプトは、健康に配慮した素材の選定とシンプルモダンな造りです。
  • 詳しくはこちら
風景を最大限に生かしたピクチャーウィンドウ
  • 淡路島の中部にあたる、洲本市旧五色町に建つこの住まいのコンセプトは、敷地裏側の風景を取り込むと共に、南北の風を住まいに通すこと、そして全てにおいてシンプルであり、自然素材を尊重することです。
    外観は構造的にも強く、シンプルにまとめながらも自然素材をアクセントに使用しています。
  • 詳しくはこちら
海の景色を取り入れたアジアンモダンのインテリア
  • 淡路島の中部にあたる洲本市五色町に建つこの住まいのコンセプトは、特殊な地形を有効に利用するとともに、敷地からの海の眺めをいかに住まいに取り入れられるか、そして将来の車いす生活を想定しておくことでした。
  • 詳しくはこちら
自然素材にこだわったナチュラルハウス
  • 淡路島の中部にあたる、淡路市旧津名地区に建つこの住まいのコンセプトは、アレルギーを持つお子様に配慮するとともに、無垢の木材の素材感を最大限に引き出すことです。外観をベーシックな洋風にし、内部は柱や梁を表し仕上げとしています。また、天井にも無垢の杉材を使用しました。
  • 詳しくはこちら
白く塗られた聖なる空間
  • 淡路島の中部にあたる、淡路市旧津名地区に建つ居住スペースを兼ね備えた教会のコンセプトは、空間構成を白でまとめること、そして居住スペースと教会スペースとの程よい分離と繋がりです。
  • 詳しくはこちら
新和風に込められた職人技の数々
  • 洲本市旧五色町に建つこの住まいのコンセプトは、職人から職人へ長年伝えられてきた工法に、自由設計を織り交ぜた和を出すことです。外観は、いぶし色が美しい屋根と檜の腰板を張りました。
  • 詳しくはこちら
自然と調和した吹き抜けが織り成す空間
  • 淡路島の北部にあたる、淡路市旧東浦地区に建つこの住まいのコンセプトは、淡路島の中でも特に恵まれた自然の敷地条件を生かし、自然との関わりを尊重させることです。
  • 詳しくはこちら
その他、地域の施設やお店の数々
  • 詳しくはこちら